江別市スポーツ少年団設置規程

昭和56年4月1日制定
平成 5年4月27日改正

第1章 名称及び事務局

第1条 本会は、江別市スポーツ少年団と称し事務局を江別市内に置く。

第2章 組織

第2条 本会は、江別市内のスポーツ少年団で本会の趣旨に賛同するものをもって組織する。
第3条 本会のスポーツ少年団は、別に定める登録規程を守らなければならない。
第4条 本会に専門的事項を処理するため専門部会を設けることができる。

第3章 目的及び事業

第5条 本会は、スポーツ少年団の融和連絡をはかり北海道スポーツ少年団と連携し、少年の健全育成と体位向上に寄与することを目的とする。
第6条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
   (1) スポーツ少年団の登録に関すること
   (2) スポーツ少年団の育成指導に関すること
   (3) スポーツ少年団のリーダー養成に関すること
   (4) スポーツ少年団の交流に関すること
   (5) 各種スポーツ少年大会の派遣に関すること
   (6) 関係団体との連絡調整に関すること
   (7) その他、本会の目的達成に必要な事項

第4章 役員

第7条 本会に次の役員を置く。
    顧問    若干名
    本部長    1 名
    副本部長  2 名
    本部員   若干名
    代議員   団代表
    監事     2 名
第8条 本部長は、代議員会でこれを推挙し、代議員会の承認を得ることとし、その職務は、本会を代表し本規程に定めるところにより会務を総理する。
    2 副本部長は、代議員会でこれを推挙し、代議員会の承認を得て本部長が委嘱する。その職務は、本部長を補佐し本部長事故あるときは、その職務を代行する。
  3 本部員は、本部員会を組織して江別市スポーツ少年団の団務を執行する。  
  4 監事は、代議員の中から本部員会で選出し本部長が委嘱する。また監事は、本会業務及び会計実務を監査する。
  5 顧問は、本部長が指名委嘱し、本部長の求めに対して相談に応じる
第9条 代議員は、登録団体より1名選出し、本部員は、同一種目団体より1名選出とする。
第10条 役員の任期は2年とする。
   2 補充及び補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とし、増員により就任し た役員の任期は既任者の残任期間とする。
   3 役員の任期が満了しても後任者が就任するまで、その職務を行う。
   4 役員の再任については、これを妨げない。

第5章 事務局

第11条 本会の事務を処理するため事務局を置く。
第12条 事務局に次の職員を置く。
   (1) 事務局長 1名
   (2) 事務局員 若干名
  2 事務局長は、代議員の互選とし代議員会の承認を経て本部長が委嘱する。

第6章 会議

第13条 本会の会議は、代議員会、本部員会とする。
第14条 代議員会は、本会の決議機関で次の事項を審議決定する。
   (1) 予算、決算の承認について
   (2) 役員の改選について
   (3)  規約改正に関する事項
   (4) 本会の事業に関する事項
   (5) その他必要と認められた事項
  2 代議員会は、本部長がこれを招集し本部長がその議長となる。
  3 本部員は代議員会に出席し意見を述べることができる。
第15条 代議員会は、代議員総数の過半数の出席をもって成立し、その議決は出席者の過半数の賛同を要する。
  2 可否同数の場合は、議長がこれを決する。
第16条 本部員会は、本部長、副本部長及び本部員をもって構成し総会の決定事項その他、会務遂行上必要な事項を審議執行する。
  2 本部員会は、本部長がこれを招集し統裁する。

第7章 会計

第17条 本会の経費は、次に掲げるものをもってこれに充てる。
    (1) 負 担 金
   (2) 補 助 金
    (3) 寄 付 金
   (4) 登 録 料
   (5) 雑 収 入
第18条  本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第19条 この規程の施行について、必要な細則は別にこれを定める。

附 則 
  1 この規程は、昭和56年4月1日から施行する。
  2 江別市スポーツ少年団連絡協議会規約(昭和53年4月1日)は廃止する。  
  3 平成5年4月27日改正分については、代議員会後施行する。




CopyRight(c)2007-2016 江別市体育協会